ホーム >>時計のお手入れ:見た目のお手入れです
時計のお手入れ:見た目のお手入れです

1、見た目のお手入れです


レプリカ時計の部品のうち、外部との接触が最も多いケースやミラーは、空気中のホコリや雨で汚れがたまり、ミラーとケースの隙間に汚れがたまります。夏は汗が多く出る季節ですから、手首の汗に触れて底が侵食されやすく、隙間の汚れは掃除を怠ると金属層が腐食して黒ずんでしまい、見栄えが悪くなったり、肌が荒れてしまうこともあります。ですから、普段から汗をかいたら時計を取り外し、少量の洗剤をつけた柔らかい布で底を拭いてから着用します。


2.バンドのメンテナンス
バンドの使用頻度が最も高いのは革バンドとスチールバンドですが、本革バンドは消耗品として寿命が約1年で、日常的に着用するとある程度のロスが出やすいです。しかし、きちんと手入れをすれば、それなりに寿命を延ばすことができます。革バンドで最もタブーなのは水の浸食です。汗や雨、海水などに浸食されると、臭いやひび割れが起こりやすくなります。条件が良ければ、いくつかのバンドを購入して、入れ替えて使うことができます。同じバンドを1ヶ月以上つけないようにしましょう。


前ページ: ロレックスの時計の真偽はどのように見ますか?
次ページ: ベルトレイダイヤモンドフラワーAMYTIS女性用腕時計